SUPPORT

創業融資について

これから創業する方や創業後間もない企業に対して、大変有利な公的融資制度があります。創業時の資金調達方法は限られていますので、公的融資制度を積極的に活用しましょう。公的融資制度には例えば次のようなものがあり、ほとんどの創業企業が対象となります。

日本政策金融公庫

  • 融資額の上限

    3,000万円(内・運転資金1,500万円)

  • 金利

    1.6ー2.9%

  • 返済期間

    運転5年・設備10年以内(据置6ヶ月以内)

東京都制度融資:創業融資(各都道府県・市区町村によって異なります)

  • 融資額の上限

    2,500万円

  • 金利

    1.9ー2.7%

  • 返済期間

    運転7年・設備10年以内(据置1年以内)

中央区制度融資:創業支援資金(各都道府県・市区町村によって異なります)

  • 融資額の上限

    1,500万円(必要額の1/2)

  • 金利

    実質1.1%

  • 返済期間

    7年以内(据置6ヶ月以内)(2/3保証料補助あり)

創業融資の実態

しかし、実際には申込者の約8割が融資を断られています。
それは3つの勘違いからくる『準備不足』が原因です。

  • 勘違い1
    通常融資は貸し渋りでも創業融資は簡単に出る

    銀行にとって貨幣価値はどちらも同じ。審査の厳しさも同じです。

  • 勘違い2
    作成する書類の量が少ないので書類作成が楽だ

    書ける量が少ないからこそ、いい書類と悪い書類の差がハッキリつくのです。

  • 勘違い3
    創業後2年以内まで申請できるから、資金が必要になってからで良い

    個人と違って手元資金がなくなってからでは借りられません。また、創業後3ヶ月を過ぎると難易度が非常に高くなります。

融資獲得のポイント

それでは、融資を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか。
3つのポイントがあります。

  • ポイント1
    説得力のある「創業計画書」を提出する

    これまでの実績がない分、今後の見通しがより厳しく見られます。
    売上や経費の根拠、資金使途、返済原資を明確に示す必要があります。
    (例:有名な会社と取引が決まっている場合は、契約書等がまだなくても 取引の内容が分かるFAXやメールを添えれば効果的です。)

  • ポイント2
    「面接」では自分の経験、能力、熱意をアピールする

    面接では、経営者としての能力を総合的に見られます。
    聞かれたことに答えるだけではなく、自分を売り込む姿勢が必要。
    (例:5年以上の業界経験を有し、市場動向や自社の強み・弱み等を 熟知している。マネジメント経験がある。)

  • ポイント3
    「実地調査」では滑り出しの順調さをアピールする

    設立はしたけれど開店休業状態では、融資は受けられません。
    事務所はすでにキレイに整えられて、事業が始まっていることを印象付けましょう。
    (例:事務所の前に社名が入った立派な表札がある。あちこちから取引の電話がかかってきて忙しそうである。)

創業融資は1発勝負です。通常の融資とは違い、何度でも申し込めるものではありません。
創業計画書、面接、実地調査の3つの準備ができて、はじめて融資の申し込みをすべきです。
そのための支援を当社が行います。

融資獲得までの流れ

1)自力で申し込む場合

何をどうしたら良いのか分からず準備不足となり、約8割が融資失敗

2)当社が支援する場合

当社では、以下のような流れで創業者様の融資獲得をご支援致します。

STEP01:まずは当社へお気軽にお問い合わせください。

「公的融資についてもう少し知りたい」、「ウチでも融資を受けられるのか聞きたい」という方は、 是非お気軽にお問い合わせください。お電話またはEメールにて受け付けております。
【TEL: 03-6202-2333/Eメール:

STEP02:専任コンサルタントによる無料相談を実施しております。

もっと詳しく話を聞きたいという方には、当社専任コンサルタントが面談にて直接アドバイス致します(初回面談無料)

当社サービス
融資の申し込み手続きや、審査のポイントについて説明致します。
STEP03:“借りられる”創業計画書を作成します。

希望者には、当社が融資獲得までご支援致します。そして、まず初めに必要になるのが創業計画書の作成です。創業計画書は、記入欄を埋めただけでは融資はおりません。

当社サービス
社専任コンサルタントが、プロの目から見て“借りられる” 創業計画書に 仕上げます。
STEP04:本番を想定した面接対策を行います。

面接は本番当日ではなく、事前の準備で勝負が決まります。

当社サービス
面接時には「どんな質問が出て、どう答えるべきか」、「どのような書類を 準備し、どのタイミングで見せるのが効果的か」を 伝授します。
STEP05:金融機関に融資の申し込みをします。

申し込みから1週間程で面接の連絡がきます。

STEP06:実地調査に備え事務所を整理します。
当社サービス
当社専任コンサルタントが、実地調査に向けアドバイス致します。
STEP07:金融機関にて面接を行います。

面接対策のとおり、本番に臨んでいただければ大丈夫です!

STEP08:実地調査のため金融機関の担当者がきます。

面接のすぐ後に、実地調査が行われます。「やる気」と「活気」を感じてもらえれば、成功です!

STEP09:融資獲得

面接後、2週間前後で融資が実行されます。
当社では、年間250件を超える融資相談に裏付けされたノウハウのもと、事業計画書の作成から面接、実地調査対策までフルサポート致しております。
創業時の資金調達は、当社専任コンサルタントまでお気軽にお問い合わせください。

SEMINAR INFO

2018年11月無料説明会

2018年12月無料説明会

全国で開催中!
資金調達を学ぶ説明会
詳しくはこちら

image
image
公式FACEBOOK